読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親指Blog

キーボードによる文字入力関連(主に親指シフト)のBlogです。過去記事には色々入ってますが気にしないでください。

HUTAレビュー(下)

Hardware

 

 つづき。
 

 

 さて、色々使い出すと、若干の問題が発生し始めた。

 
 私が使っているタブレットASUSのT90chiなのだが、430gある。スマホなど軽いものなら問題ないだろうが、430gは結構負担らしく、重さに釣られて画面がかなり上を向いてしまう。またHUTA自体が固定されておらず、タブレットの重さでバランスを取る構造となっているので、タブレットの画面をタッチするとHHKBごとぐらついてしまうのだ。
 

f:id:hooligan:20170222003023j:plain

 
 HHKBは裏面に突起がついており、普通に置けば本体が若干前下がりになるようになっているのだが、この突起が軸となってしまって全体的にゆらゆらと揺れてしまうようだ。(もちろんその右に付いている足を出せば解決するが、私はできるだけ水平に使うタイプなのである。)
 

f:id:hooligan:20170222004146j:plain

 
 また、画面が傾くと若干斜め下からタブレットの画面を見るようになる。すると、天井の蛍光灯が反射して画面が見にくくなってしまう。角度はタブレットの重さによるし、身体とタブレットの位置は人それぞれなので一概には言えないが、これは実際使わないとわからない欠点かもしれない。
 

f:id:hooligan:20170222002815j:plain

 
 そこで角度を調整できないかと弄っていたら、タブレットが縁から外れて転がり落ちてしまった。HUTAに乗せたまま移動することもあるので、本体と共に角度を固定できる仕組みがあればいいなと思った。
 
 次に、HHKBに繋げるためにケープルを挿してみる。まあ問題はないと言えばないが、可能なら切り欠きを作ってコネクターの逃げがほしいところだ。(と言うか、サイドに縁は必要なのだろうか…?) ただ、これはタブレットによってUSB端子の位置が違うので難しいところかもしれない。まあタブレットを上下逆さまにするか、L字のマイクロUSBケーブルを買ってくればすむことではあるが。
 

f:id:hooligan:20170218004723j:plain

 
 タイピング時にもちょっとした問題点があった。最初はなんら問題ないと思っていたが、何件か「住所」を打っていて気がついた。数字キーを打つ際に、たまに指の上側がHUTAに当たるときがある。ギリギリの設計をしているからだろうか。私は大柄とは言えないので、手が大きい人や指を立ててタイピングする人は私のように当たってしまう人もいるかもしれない。高さ調節ができればいいが、この構造では難しいだろうか。
 
 あとは持ち運びだ。これはHUTAの罪ではないが、鞄に入れると結構な大きさになる。そもそもHHKB自体が鞄に入れると結構負担になる大きさなのだ。重さもHUTAは90gだが、HHKBに取り付けると合わせて600gとなる。タブレットを一緒に持つと1kg越えである。ここまで来たらもうノーパソ持てよと思ってしまうのもしかたあるまい。(世の中にメカニカルキーボード付きのノーパソがあればの話だが。)

f:id:hooligan:20170222005526j:plain

 
 とはいえ、負担に感じるのは確かだ。また、これはHUTAの問題となるが、うかつに手を鞄に突っ込むと角が手に当たって手が切れそうになることが何回かあった。これはプロトタイプだからだろうが、製品版ではしっかりと角は丸めるべきだろう。
 
 色々不満を揚げたが、総じるとHHKBを持ち運ぶのはなかなかに快感で、重い鞄を抱えてもそれなりに満足感が高い。喫茶店などで開けば間違いなく注目を浴びるだろう。(その度胸はなかった…。) まあ、いくらHHKBが静かと言ってもノーパソよりはタイピングの音は響く。ッターンとリターンを押す癖がある私がスタバでHHKBを親指シフトでタイプしたらうるさく思われること間違いなしである。
 
 などと喜んで何度か持ち運びしていたら、ヒンジのうちの右手前のボルトが緩んできた。締めるのには精密ドライバーが必要なので、ちょっと困った。
 

f:id:hooligan:20170222010014j:plain

 
 ここはネジロックで固定するか、ここにもOリングをつけるべきかもしれない。きつくすれば角度調整ができるようになれば最高だ。
 
 また、何度かHUTAを外したいと思ったことがあった。HHKBを常に使うとすれば、デスクトップパソコンに繋ぐことも多い。その際にHUTAは結構邪魔になる。ワンタッチで取り外しできるようになるか、邪魔にならない位置まで移動させらせる仕組みがあったらいいなと思った。
 

f:id:hooligan:20170218022430j:plain

 
 いろいろ不満点を挙げたが、HHKBの機能性のあるカバーというアイデアは素晴らしい。本体の後ろに支えがなくても自立するギミックを持つスタンドもなかなかないし、HHKBの世界に一石を投じたのは確かだろう。このまま改良が進み、一般販売などに発展していくようなことにあれば痛快だ。がんばって欲しい。
 

HUTAレビュー(上)

Hardware
 てな訳でキーボード熱が上がりっぱなしな昨今だが、Twitterでキーボード関連の情報を漁っていると、先日参加したMechanical keyboard Meetup TOKYO vol.2の時に(後日掲載)知り合ったyohei。さんが、興味深いもののレビュアーを求めているというtweetが目に入った。
 
それがこれ。
 

f:id:hooligan:20170218014644j:plain

 

f:id:hooligan:20170218014743j:plain

 
 HHKB pro用のハードカバー。名前は”HUTA”(フタ)と言う、まさにそのもの。
 
 MEET UPの際にyohei。さんが行ったプレゼンを見て、HHKBを持ち歩くのにとても良いと思っていた。元来HHKBのコンセプトは「常に一つのキーボードを使う」である。そのために小さく(苦にならない程度に)軽く作られている。メカニカルキーボードを使うなら、持ち運びは避けて通れない問題なのだ。
 
 なんせHHKB単体なら、キーはむき出しである。なにもせずに鞄に放り込めば、あっという間にキーがいくつか行方不明になるだろう。HHKB用のソフトケースは販売されてはいるが、単なるケースではなく、もっと「面白いもの」を求めていたので渡りに船だった。
HHKBハードケース DX PD-KB01SD

HHKBハードケース DX PD-KB01SD

 

 

 募集に応募しようとしたが、HUTAの04号機はタッチの差で「ひとりぶろぐ」のmoyashiさんに先を越されてしまった。moyashiさんのレビューは非常にわかりやすいので、こちらもぜひ一度ごらんいただきたい。
 せっかくのチャンスを逃した私をyohei。さんに憐れんでいただけたようで、すぐ05号機のレビュアー募集があり、なんとかそれには応募できた。そしてその3日後には手元に届いていた。私と違って仕事が早いyohei。さんである。
 

f:id:hooligan:20170218021008j:plain

 
 moyashiさんのHHKBは黒で04号機も黒。05号機は木の香りのする茶色で、私のHHKBは白(黄ばみあり)なのでちょうどよかったと言えよう。
 
 HUTAが届いたときに一番先に思ったのは、「軽い」と言うこと。HUTAはMDF材を接着してでできている。もう少し重いイメージをもっていたが、デジタルスケールで計ってみると90gしかない。これなら持ち運びしても殆ど重さを感じないだろう。
 そして思ったより華奢だった。とくにヒンジ部分は、これでタブレットが支えられるのかと不安になったほどだ。(これは完全に杞憂に終わるのだが。)
 

f:id:hooligan:20170218021419j:plain

 
 HHKBへの取付も簡単だ。yoheiさんの指示では「強力型の両面テープを1~2cmほど使用x4か所」との事だったが、私はブチルの両面テープを愛用しているので、自分の欲望に従ってブチルテープをHUTAのステー部の前後に1~2cmほど貼らせていただいた。HHKBの位置決めに苦労するかと思いきや、意外なほどすんなりと取付は完了。注意点はHUTAの角をHHKBにしっかりと合わせるぐらいなものだろう。工作をやりなれてない人でも簡単に取り付けられると思う。
 

f:id:hooligan:20170218021742j:plain

 
 これが完成した状態。閉めると「パタン」と音がしてなかなか心地よい。
 

f:id:hooligan:20170218014743j:plain

 
 タブレットを乗せるとこうなる。ノーパソとはまた違ったスタイルが、なかなかカッコよいと思うのは贔屓目だろうか。
 

f:id:hooligan:20170218022430j:plain

 
 ケーブルは100均のマイクロUSBのホストケーブル→miniUSBケーブルで接続は問題なし。タブレットではなく、iPhoneスマホに繋ぐときは電流が足りなくなるのでセルフパワーのUSBハブが必要になるようだ(未確認)。
 
 だいぶ長くなった。使用についてのあれこれは次回。
 

 

自作キーボードへの道

配列 Hardware

 事の発端は、いつもヤフオクだ。

 

 今使っているiPad初代をそろそろ買い換えようかなーと(なんとウチではまだ初代iPad電子書籍端末として現役なのである)ヤフオクを覗いていたことだ。iPadはたくさん出品されていたが、その価格に驚き(なんせ初代でもまだ5000円前後はする)、安いものを探していたときに引っかかった商品「ALESIS IO DOCK」だった。

 初代iPadとセットで売りに出され、まだ100円という価格もあってとりあえず★(ウォッチリスト入り)を押した後、その下に変なものを見つけた。

 

「ERGODOX」

 

f:id:hooligan:20170216163330p:plain

 

ErgoDox - FalbaTech


 一目見て衝撃を受けた。これこそ理想の親指シフトキーボードではないのか?

 

 そこで頭の中に思考が駆け巡る。様々な配列を試し、自分で配列を作ろうかとも考えたほどなのに、なぜ自分は一体型のJISキーボードに拘っていたのか。すでにKINESISすら持っているというのに…。

 

 そこから一気に理想のキーボードへの憧憬が始まった。

 

 もちろん今まで通り配列についても検討を続けるが、エントリーの内容は自作キーボードについてが多くなると思う。ここではハードもソフトも含めた総合的な文字入力の情報をまとめていくことになるだろう。

配列再考?

蜂蜜小梅 配列

 最近まったく更新していなかったので、昨年書きかけのエントリー(12/1)を仕上げてUPした。さっさと書いておけばよかったものを、途中で辞めるからこういうことになる。
 
 さて蜂蜜小梅だが、早いもので練習を始めてはや14ヶ月を超えたようだ。実はこの1ヶ月でかなり打鍵速度が上がり、あまりキーを意識せずに打てるようになってきている。とは言えまだ思考の速度に付いていくレベルでは無く、やっとローマ字の8割ほどの速度になりつつあると言う感じだ。前回のエントリーで上げていたマトリックス(「しゃしゅしょ」)問題もまだまだ健在で、だだだっと打つときには大体ミスタッチして修正の流れがデフォとなっている。それでも確実に早くなってきている実感はあり、やっとローマ字入力がまどろっこしいという感覚が芽生え始めている。(楽さではまだまだローマ字が優性ではある。なんせ全く意識せずに打てるのは非常に大きい。)
 
 そしてまた新たな問題も発生してきている。前から間違いやすい「き」と「く」、「み」と「む」がやたら間違うようになってきてしまった。特に「み、む」は5割ぐらいの確率で間違う。実は左手の「る、ろ」もたびたび間違うので、個人の資質の問題かもしれない。人差し指は意外と動かない感じがする。いや、むしろ動きすぎてもっと人差し指を使いたいと感じているのかもしれない。まだまだ小指の使用頻度が高いと感じる。句読点や記号も含め、自分なりに配列を再考すべき時期が来ているのだろうか。

まだまだ練習中

蜂蜜小梅 配列

 早いもので前回のエントリーからすでに半年が経ってしまった。

 現在どうなっているかというと、相変わらず蜂蜜小梅を練習中というところだ。
練習を開始したのは去年の10月末。すでに1年以上経つのにまだ練習というペースの遅さには、自分でも驚いている。

 さてその上達具合はというと、それほど芳しくない。まあ練習と言えるほどの練習はしていないし、今年は文章を打つ頻度が激減したため、このペースになってしまっているという感じだ。
 とりあえずもう意識せずに大体のキーは打てるようになっている。それでもまだ実践ではなく「練習中」というのは、どうしても乗り越えられない障害があるからである。

その障害というのが、蜂蜜小梅最大の特徴である「マトリックス」であるというのが皮肉だ。

 ”しゃしゅしょ”などの拗音を1ストロークで打てるマトリックスは、使いこなせれば素晴らしい武器になる。その実感は掴んでいるのだが、これがどうしても覚えきれない。

 このマトリックスでは、キーの並びが「S:しゅ」「D:しょ」「F:しゃ」となっていて、右から読むと「しゅ」と「しょ」が入れ替わっている。これに全く慣れる気配が無い。毎回打ってみてから修正しているが、意識して打っても間違う体たらくである。一時はもう諦めて、拗音を別に打っていたこともあるほどだ。ただこの拗音も「Z:ゅ」「X:ゃ」「C:ふ」「V:ょ」となっていて語順と並びがズレており、こちらでも間違うことが多いため、こちらも諦めてマトリックスに戻ってきて練習中なのである。

 マトリックスはマス目状に綺麗に並んでいるからこそ、この並び順の些細な違いが脳内に定着しないのではないだろうか。

 そこで改めて文字の出現頻度を見てみると、「ょ」の頻度が最も高く、「ゃ」と「ゅ」はそれほど変わらないことがわかった。

61degc.seesaa.net

 

 蜂蜜小梅の運指重要度は中指>人差し指>薬指なので、「ょ」が中指に来るのは正しい方針ではあるのだが、ここまで覚えられないと別に「ょ」が人差し指に来てもいいのではないかと思ったりもする。特に単体の「ょ」は人差し指なのだし。(左手下段も「ふ」が最頻度で、そこから「ょ」「ゃ」「ゅ」になるので間違ってはいないのだが。)

 とはいえ今の時点でも慣れられない現実を考えると、どうせ他の人が使う訳でもないのだから、キーマップを順番に「D:しょ」「S:しゅ」「F:しゃ」と変更しようかと考えているほどだ。


 まあ簡単に慣れる人にはあまり関係がないのだろう。もうちょっと様子を見て、どうしてもダメなら実行に移そうと思う。

 

復帰

日々 配列 Hardware

 141Fさんからコメントをいただいて、ご返事をあれこれ書いているうちに仕事が一番忙しい時期に来てしまい、ここが放置状態になってしまった。どうにか山を越えたようなので、またぼちぼち書いていきたいと思う。

 ご返事もまだ書けていないが、とりあえず蜂蜜小梅の現状を書いておこう。
 現在ではすでにこういう文章をゆったり書くのには、ほぼ不自由しなくなった。とはいえ急いで書かなければいけなくなったり、確実性を求められる場合はまだローマ字入力を使う。文章を考えなければいけないときも、やはりローマ字入力だ。やはりまだ頭を使わずに指先だけで書くというわけにはなかなかいかない。もう蜂蜜小梅に移行して半年以上経っているが、必死に練習しているわけではないのでこんなもんだろう。

 以前から間違いまくっている「き」と「く」は相変わらず間違えることが多い。まあ徐々に間違いは少なくなってきているので、あまり気にせずそのまま慣れるに任せている。
 最近多い間違いは「る」と「ろ」だろうか。同じような字で同じ左人差し指の受け持ちなので間違いやすいのかもしれない。と言うか、私は左人差し指が苦手なのかもしれない。実はホームポジションである「さ」を押すのも結構違和感があるのだ。「かさた」は左ホームポジションで押しやすいのにもかかわらず、意外と間違えたり戸惑ったりする。自分でも結構不思議だ。


 さて、今回はソフトだけでなく、ハードの話題もある。

f:id:hooligan:20160516120934j:plain

 この度、やっと念願叶ってHHKBproJを手に入れた。HHKBproJは前から欲しかったのだが高価なためなかなか手が出ず、悔しい思いをしていたのだ。これで以前かもめ~る通信の加茂さんに作っていただいた親指シフトキットがやっと日の目をみることになった。(周りが黄ばんでるように見えるって? もちろん中古である。)
 使用感は噂に違わず気持ちいいキータッチで、ほぼ不満無く親指シフトが可能だ。私は既に東プレのRealForceを所有しているので、同じキースイッチを使うHHKBだと違和感は全く感じない。proJでたまに話題となるZのキーレイアウトも、私には全く問題なかった。(HHKBproJはZキーが1/4キー分だけ左にズレており、そのせいでミスタッチする人がいるようである。)

 実はHHKBproJを買う前に、HHKB Lite2Jを購入していたりするのだが、こちらも改造して親指シフトモデルにしようと画策しているところだ。(3Dプリンターがあれば簡単なのだが……。)
 
 とりあえずはこんな感じでたらたらと。
 ちなみにここまで全て蜂蜜小梅で書いた。そろそろタイプウェルでもやってみようかと思う。

 

閑話:蜂蜜小梅の現状

配列 Software 蜂蜜小梅

 最近ローマ字入力のことばかり書いているので、親指ブログとしてここらへんで閑話。

 

 昨年末から練習している蜂蜜小梅入力は、ほぼスムーズに入力できるようになってきた。まだ速度を計測するレベルではないけど、とりあえずはまどろっこしさをギリギリ感じずに打鍵できている。

  だが、「き」と「く」は未だによく間違う。理由はわかっている。この二つのキーはNICOLAとちょうど逆の配置になっているのだ。これはもうNICOLAを使った経験があるならどうしようもないのかもしれない。分かっていても間違うので、もう最近ではあまり気にせずとりあえず打ってみて、間違ったら修正するという流れにしている。

  また、相変わらずぴぱぽぷぺが覚えられない。「ぷ」と「ぽ」はVキーとZキーで出るので割と入力に困らないのだが、「ぱぴぺ」は「;+GFA」で入力しようとしているので結構混乱する。どちらかに統一すればいいのは分かっているのだが、文を考えているときはあまり頭を使いたくないので、わかっている方(VとZ)を使ってしまうのだった。

 

 あと、蜂蜜小梅でも右小指は疲れる。ローマ字のその4にもかいたが、やはりENTERを小指で打つのが問題かもしれない。(まあENTERを薬指で打っても小指にダメージが行っている気がするのだが。)

 そもそも句読点が小指の受け持ちというのがちょっと納得いかない。Pの打鍵を避ける蜂蜜小梅なら、小指への負担軽減ももう少し考えて欲しかった所だ。私はPの打鍵にそれほど抵抗がないので「ね」をPの単独打鍵に割り当てている。蜂蜜小梅では本来の「ね」の位置は右シフト+「:」なので、右シフトをミスタッチすると「BS」になってしまうのが凄く嫌なのだ。小指の使い方はもう少しオリジナルの配列に修正したほうが、自分にはあっているかもしれない。

 

 しかし、なぜローマ字入力であれだけ酷使されていても、左小指は痛くならないんだろうか? 右小指でもENTERを叩きさえしなければ、小指が痛むこともないんだろうか。ちょっと気になるところだ。今後のローマ字入力のチューンナップで試していこうと思う。

  とりあえず閑話休題だが、次回も閑話っぽい。