読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親指Blog

キーボードによる文字入力関連(主に親指シフト)のBlogです。過去記事には色々入ってますが気にしないでください。

ダイヤモンドカーソル導入へ

配列

ダイヤモンドカーソルをどうにか導入したい。
変換の際にいちいち矢印キーに手を伸ばすのはどうも納得いかない。
CtrlとCapsLockの交換は試してみたが、どうしても左下Ctrl+Undo,Cut,Copy,Pasteの癖が染み付いているので元に戻してしまった。
あと無変換キーをDeleteキーに設定しているが、これも全然使わない。やっぱりDeleteキーは右上で慣れてしまっていて、なかなか頭の中の修正がきかないのだろう。
まあしょうがない。キーレイアウトを大幅に変えたときに考えよう。


それよりもCapsLockをもう少し有効に使えたら良いかもしれない。
現在私のIMはMSIMEだが、英数と日本語の切り替えに右手親指下にある「ひらがなキー」を使っている。
ところがミスタッチの多い私は、CapsLock(英数キー)をいつの間にか押してしまって英数に切り替わっていることが多いのだ。
どうせ「ひらがな」キーをもう一回押せば英数にはなるので、CapsLock(英数)キーは必要ない。と言うか邪魔。


そこで、これをダイヤモンドカーソル用の二つ目のCtrlキーとして設定するというのはどうだろう?
上で書いたように、CapsLock+"z","x","c","v"というのは意外と押し辛い。
もちろん慣れてないせいもあるが、上側にある拡張キーと下にある文字キーというのは結構押し辛いものだ。
これは通常の全ての機能キーが文字キーより上にあるのに慣れてしまったせいもあるだろう。
Siftの位置はかえたくないで、Ctrlを左に二つ付けてしまえという考えだ。
なくなってしまったCapsLockはどうせ殆ど使わないので、全然使わないInsertと交換してしまおう。