読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親指Blog

キーボードによる文字入力関連(主に親指シフト)のBlogです。過去記事には色々入ってますが気にしないでください。

ORZ修正

配列

 昨日ちょっと長めの記事を書いたのだが、見事に右小指が痛くなり、今日の夕方まで痛みが引かなかった。腱鞘炎まっしぐらである。

 

 というわけで、これを機会に前から考えていたキーレイアウトの変更を実行してみた。

f:id:hooligan:20151009181147j:plain

 ポイントは、やはり「っ」の独立キー化。Zキーが(なぜか)空いているのでそこに配置。あとは前々から考えていた「」『』や・…・・・:;:などよく使う記号の集中化である。

 

 真ん中の3キーを完全にランチャー化し、記号を配置した。覚えるのがとても簡単。あと時間の記述などで意外とよく使う「:」(半角コロン)も@キーに独立させた。ここはちょうど「つ」と「、」に挟まれた死角のようなキーで非常に押しにくく、元来のNICOLAでも「,」が入っている。しかし元々「,」は半角で使う物だし、「.」とセットで使う物だから出来るだけまとめたかった。全角コロンセミコロンは同時打鍵で十分。

 あとは「・・・」も独立させた。これでだいぶ右手小指の打鍵は減ると思う。

 あと、ついでにバックスペース(BS)を正式NICOLAと同じ位置(Enterの隣)にしてみた。私はこの配置が嫌いで、Mac親指シフトキーボードを使っていた頃はこのキートップを外していたぐらいだった。ワンキーのミスタッチでそれまで入力して確定していない文字が全部消える仕様は理解できなかった。しかしPC用のIMなら、BS一発ですべて消えることが無いので試してようと思ったのだ。

 

 と、ここまで打って、左手小指の「っ」は意外と使いにくいかもしれないと思っている・・・。