読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親指Blog

キーボードによる文字入力関連(主に親指シフト)のBlogです。過去記事には色々入ってますが気にしないでください。

まだまだ練習中

 早いもので前回のエントリーからすでに半年が経ってしまった。

 現在どうなっているかというと、相変わらず蜂蜜小梅を練習中というところだ。
練習を開始したのは去年の10月末。すでに1年以上経つのにまだ練習というペースの遅さには、自分でも驚いている。

 さてその上達具合はというと、それほど芳しくない。まあ練習と言えるほどの練習はしていないし、今年は文章を打つ頻度が激減したため、このペースになってしまっているという感じだ。
 とりあえずもう意識せずに大体のキーは打てるようになっている。それでもまだ実践ではなく「練習中」というのは、どうしても乗り越えられない障害があるからである。

その障害というのが、蜂蜜小梅最大の特徴である「マトリックス」であるというのが皮肉だ。

 ”しゃしゅしょ”などの拗音を1ストロークで打てるマトリックスは、使いこなせれば素晴らしい武器になる。その実感は掴んでいるのだが、これがどうしても覚えきれない。

 このマトリックスでは、キーの並びが「S:しゅ」「D:しょ」「F:しゃ」となっていて、右から読むと「しゅ」と「しょ」が入れ替わっている。これに全く慣れる気配が無い。毎回打ってみてから修正しているが、意識して打っても間違う体たらくである。一時はもう諦めて、拗音を別に打っていたこともあるほどだ。ただこの拗音も「Z:ゅ」「X:ゃ」「C:ふ」「V:ょ」となっていて語順と並びがズレており、こちらでも間違うことが多いため、こちらも諦めてマトリックスに戻ってきて練習中なのである。

 マトリックスはマス目状に綺麗に並んでいるからこそ、この並び順の些細な違いが脳内に定着しないのではないだろうか。

 そこで改めて文字の出現頻度を見てみると、「ょ」の頻度が最も高く、「ゃ」と「ゅ」はそれほど変わらないことがわかった。

61degc.seesaa.net

 

 蜂蜜小梅の運指重要度は中指>人差し指>薬指なので、「ょ」が中指に来るのは正しい方針ではあるのだが、ここまで覚えられないと別に「ょ」が人差し指に来てもいいのではないかと思ったりもする。特に単体の「ょ」は人差し指なのだし。(左手下段も「ふ」が最頻度で、そこから「ょ」「ゃ」「ゅ」になるので間違ってはいないのだが。)

 とはいえ今の時点でも慣れられない現実を考えると、どうせ他の人が使う訳でもないのだから、キーマップを順番に「D:しょ」「S:しゅ」「F:しゃ」と変更しようかと考えているほどだ。


 まあ簡単に慣れる人にはあまり関係がないのだろう。もうちょっと様子を見て、どうしてもダメなら実行に移そうと思う。